壁に断熱材を後入れする方法とメリット・デメリットを解説!

住宅の断熱性能を向上させることは、快適な生活空間を確保する上で非常に重要です。

 

しかし、断熱性能の向上と聞くと、多くの方が大掛かりなリフォームを想像されるかもしれません。

この記事では、壁に断熱材を後から入れることによって、コストと工事の規模を抑えつつ住宅の断熱性能を向上させる方法を掘り下げていきます。

 

□壁に断熱材を後入れできるのか?

 

断熱性能を向上させるためには、壁に後から断熱材を入れる方法が有効ですが、これには大規模リフォームと非破壊工法の2つのアプローチがあります。

 

1:大規模リフォームを利用する

 

この方法では、壁や床を剥がしてから断熱材を入れる工法が一般的です。

大掛かりな作業が必要となりますが、その分、断熱性能の大幅な向上と内装の刷新が期待できます。

 

ただし、このメソッドの欠点としては、高額な費用と長期間にわたる工事が必要である点が挙げられます。

具体的には、リフォームの規模にもよりますが、数百万円から千万円以上の費用がかかることが一般的です。

 

2:非破壊工法での改修

 

一方、壁や床を壊さずに断熱材を改修する非破壊工法では、特に大規模なリフォームに比べて、より低コストで工期も短く抑えられます。

 

しかし、この方法では、大規模リフォームに比べて断熱性能の向上は限定的であることを理解しておく必要があります。

 

□後から断熱材を入れることにはメリット・デメリットがあります

 

断熱材を後から入れる方法には、大きく分けて2つのアプローチが存在し、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

*壁や床を剥がして断熱材を入れる方法

 

この手法の最大のメリットは、断熱性能の大幅な向上にあります。

壁や床の内部に断熱材をしっかりと充填することで、住宅全体の熱効率を高め、冷暖房費を大きく削減できます。

さらに、この際に内装も新しくできるため、住宅の価値を高められます。

 

ただし、デメリットとしては、高額な費用と長期にわたる工事が必要である点です。

また、家族の生活にも大きな影響を与えるため、事前の準備が重要となります。

 

*壁や床を剥がさずに断熱材を入れる方法

 

この方法のメリットは、何といってもその手軽さにあります。

壁や床を壊すことなく、比較的短期間で断熱性能を向上させられます。

また、コストも大幅に削減できるため、リフォーム予算が限られている方にも適しています。

 

しかし、デメリットとしては、断熱性能の向上が限定的であることや、施工できる範囲に制約があることが挙げられます。

 

□まとめ

 

断熱性能の向上は、住宅の快適性を高める上で欠かせない要素です。

壁に断熱材を後から入れることにより、コストと工事の規模を抑えながら、この目的を達成できます。

 

一方、非破壊工法による改修は、より手軽に、かつ低コストで断熱性能を向上させられます。

どちらの方法を選択するにせよ、住宅の状況や家族のライフスタイルに合わせた計画を立てることが重要です。