いくらで家が建つ?建築費用と予算内で理想を叶えるポイント

コストパフォーマンスを重視し、自分たちの理想とする生活スタイルを実現したいと考える方にとって、建築費用は最も気になるポイントの1つです。

限られた予算の中で最大限の価値を得るためには、建築費の相場を知り、予算に応じた家づくりのポイントを把握することが必須です。

この記事では、建築費用の相場を明らかにし、予算に応じた家づくりのコツをご紹介します。

 

□いくらで家が建つ?建築費とその内訳

 

建築費が家づくりの総費用に占める割合は大きく、理想の家を実現するためにはこの費用をどう配分するかが重要です。

予算別の家づくりのイメージを具体的に見ていきましょう。

 

1:建築費の重要性

 

建築費は、土地購入費を除いた家づくり全体の費用の中で、中心となる部分です。

このため、建築費をどのように配分するかが、注文住宅の計画において最も重要な要素の1つとなります。

 

2:予算別の家づくりの特徴

 

*建築費予算1000万円台の場合

 

無駄を極限まで省いたシンプルな一戸建てが中心です。

外壁はレンガのような高価な仕上げ材を使わず、屋根はコストが低い片流れにすることが多いです。

 

*建築費予算2000万円台の場合

 

予算がある程度確保できると、家のグレードを上げられます。

外壁にタイルを使ったり、キッチンやバスルームに最新式の設備を導入できたりします。

 

*建築費予算3000万円台の場合

 

全国平均の予算に近いため、ほぼ希望する一戸建てを建てられます。

形状や外構にこだわり、良質なフローリングや床暖房の導入も視野に入ります。

 

□予算を抑えて理想の家を建てる4つのポイント

 

費用を抑えながらも理想の家を建てるための戦略をご紹介します。

 

1:優先順位の設定

 

間取りや設備の選択にあたり、譲れないものと妥協できるものを明確にし、必要なものから取り入れましょう。

 

2:延床面積の抑制

 

建物の広さは、そのまま費用に影響します。

効率的な間取りを計画し、必要以上に広げないことがコスト削減につながります。

 

3:建物の形状をシンプルに

 

複雑な形状よりも、シンプルな総2階建ての方が建築費用を抑えられます。

見た目の印象はアレンジ次第で変えられます。

 

4:水回りの配置

 

水回りを集約することで、給排水設備のコストを削減できます。

トイレや浴室など、水回りの設備を上手に配置しましょう。

 

□まとめ

 

コストパフォーマンスを追求しながら理想の家を建てるには、建築費の理解と、予算に応じた家づくりのポイントが鍵を握ります。

予算別の家づくりの特徴を理解し、建築費を抑える戦略を取り入れることで、限られた予算内でも価値ある家を建てられます。

理想の家づくりを実現するための計画を、今回紹介したポイントを踏まえて進めてみましょう。