中二階のある家の間取りを完全解析!今知るべきポイントとは?
2024/06/12
現代の住宅設計において、スペースの有効活用が求められる中、中二階のある間取りが注目されています。 中二階は、ただの空間利用にとどまらず、家全体の機能性とデザインを向上させる要素として、多くの家庭で採用されています。...

井戸のある家のメリットと土地購入時のチェックポイント!
2024/06/08
井戸の利用は、持続可能なライフスタイルを目指す現代において、再度注目を集め始めています。 経済的な節約だけでなく、環境への配慮や非常時の安全性の向上に貢献する、この古き良き水源の利用法について、そのメリットと土地選びの際の注意点を深掘りしていきましょう。

温かみのある家を実現するためのアイデアとテクニック!
2024/06/04
現代において、家は単に居住の場所を超え、私たちの心理的な安定と健康を左右する重要な役割を果たしています。 温かみのある家づくりは、そうした心の安らぎを提供すると同時に、家族の絆を深める場ともなります。 本記事では、温かみを感じる家づくりの具体的な方法と、その魅力について詳しく解説していきます。

新築での壁紙選びについて解説!アクセントクロスの魅力もご紹介!
2024/05/31
新築の家づくりは、無数の選択を伴いますが、その中でも壁紙選びは、住まいの個性とライフスタイルを最も色濃く反映する部分です。 壁紙はただの背景ではなく、住む人のセンスや価値観を表現する重要な要素。 この記事では、新築住宅における壁紙選びのポイントを紹介し、おしゃれで実用的な空間作りの方法をご紹介します。

猫と暮らす幸せな家づくりのポイント!間取りのアイデアをご紹介!
2024/05/27
猫を家族の一員として迎え入れるとき、彼らが快適に暮らせる環境を整えることは非常に重要です。 猫の行動や習性を理解し、そのニーズに合わせた住環境を提供することが、共に幸せな生活を送るための鍵となります。 今回は、猫がどのような環境を好み、何を忌避するのかを深掘りし、猫と暮らす家づくりに役立つ具体的なアイデアをご紹介します。

木造住宅と火事の関係
お役立ち情報 · 2024/05/22
こんにちは、サンワコーポレーションの脇坂です。今回は木造住宅と火事の関係について、お話ししたいと思います。 最近ですがお客様とお話をしていると、住宅のイメージとして強いのは「木造住宅」と「鉄骨住宅」だそうです。 そのうち、木造住宅は「火事に弱い」「燃えやすい」というイメージを持たれ、逆に、鉄骨は炎を近づけても燃え上がることがないので、火事のときも安心と考えている人が多いようです。

社長のひとりごと · 2024/05/15
皆様、こんにちは。 早速ですが、みなさんは世界で電力を使えない人が7億人以上もいるという事をご存じでしたでしょうか。 私は正直、驚きを隠せませんでした。SDGsが目指す、「持続可能な開発目標」の7番目に『エネルギーをみんなに。そしてクリーンに』というのがあります。 抜粋すると・・・...

4畳半の空間
おうちブログ · 2024/05/13
皆様、こんにちは。今回は、茶道に関するお話をさせていただきます。 茶室は、簡素な庵(いおり)を意識して作られたもので、茅葺きや板葺きの屋根、茶室に向かう露地の飛び石や、湧き水をイメージした蹲踞(つくばい)がある主に正方形の部屋の事を言います。 ※蹲踞=背の低い手水鉢のこと 広さは方丈、つまり1丈(10尺=約3m)四方なので、畳を敷くと、4畳半の正方形ですね。 4畳半というと、人と人の距離が密になり、無駄な物を置くスペースが確保できません。 しかし、お茶を点てて客人に振る舞う点前に集中できる極小空間である事こそが、千利休が目指した侘び寂び、侘茶(わびちゃ)だそうです。

社長の生い立ち5
社長のひとりごと · 2024/05/09
私が独立して今のサンワコーポレーション株式会社の代表取締役になったのは平成23年ですが、平成9年頃から父は細々と不動産屋をしていた様で、会社名を有限会社サンハウスと言いました。父はある時私に「Kハウジングでは住宅営業を学んだのだから、他の業務も別の会社で勉強してみたら」と言いました。

社長の生い立ち4
社長のひとりごと · 2024/05/06
広島には1994年(平成6年)の2月に東京の会社を円満退職してから帰って来ました。その頃母は広島市中区中町の賃貸マンションに姉と一緒に住んでおり、家賃も10万円支払っていました。 それは母が夜からスナックで働いている事が理由でしたが、姉も会社からその賃貸マンションが近いので、そこに住んでいたのです。私はそこの和室6畳間を借りて、新しい就職先を探さなければなりませんでした。

さらに表示する